突然水漏れが起きると慌ててしまいますが、状況によっては自分で解決できる場合があります。
ちょっとした水漏れ修理なら、コツを覚えておくと簡単に直すことが可能です。
でも工具や部品を持っていなかったり、直し方を知らない、緊急性があるときには24時間いつでも修理を受け付けてくれる、水回りの修理のプロがいるので依頼したほうが安心できます。

修理前には見積もりをもらうこと、業者としての許可を受けている会社であるかは確かめて頼みましょう。

トイレつまり編

トイレのつまりは、割と簡単に発生します。
トイレットペーパーをたくさん使ってしまい、それをふわっとしたまま流せば問題ありませんが、小さく丸めてしまったりするとうまく流れていかなくなるからです。
小さなお子さんがいる家庭では、おもちゃを持ったままお子さんがトイレに入り、そのおもちゃを落としてつまることがあります。

こうしたつまりが発生したとき、無理に水で流そうとすると便器からあふれ出て水漏れにつながってしまいます。
目で見える位置にちまったものがあるならゴム手袋などをして手で取り除けますが、そうでないならトイレットペーパーや排せつ物をつまらせたときにはラバーカップを使い、おもちゃが取れない場合は水回り修理の専門業者を呼んでとってもらったほうが良いでしょう。
手で取れない奥のほうでつまっているときは、便器をいったん取り外さないとつまったものを取り除くことができないからです。

ラバーカップで解消しなかった時も、排水管そのものが汚れてふさがっている可能性があるため、プロに頼るべきです。

蛇口の漏水編

キッチンや洗面所などにある蛇口から水漏れが起きるとき、一番原因として考えられるのが、蛇口の中に入っているゴムパッキンが劣化して水を止めることができなくなっていることが理由としてあげられます。
ホームセンターなどにゴムパッキンやコマパッキンが売っているため、自分でも取り換えられます。

止水栓の位置がわからなかったり、工具を持っていないなら水漏れ修理を依頼したほうが簡単です。
きちんと交換できないと新しく変えても水漏れが止まらないため、確実性を考えるなら専門的に行ってきているプロのほうが適切な対応ができます。

蛇口の種類によっては、部品が取り寄せになったり高額なことがあるため、必ず簡単な修理であっても金額を確かめ、必要なら見積もりを作成してもらいましょう。

ゴムパッキンではなく蛇口そのものが錆や穴が開くなどして漏れている場合には、蛇口自体をすべて交換が必要になります。
今は蛇口も様々なものがあって、多機能になっているため、交換する際にはカタログなどを取り寄せ、じっくり検討を行うと後悔せずに済みます。